静岡県立大学看護学部
大学ホームページへ
searchfontsizechengefontbtn_sbtn_m_offbtn_l_off
TOP » 看護学部紹介 » カリキュラム紹介

カリキュラム

 看護学科の教育カリキュラムは、他学部の学生と共に学ぶ「全学共通科目」、看護学部独自の「学部基礎科目」、看護の専門性を学ぶ「専門教育科目」から構成されています。

 学部基礎科目では、人間の「心と体の理解」、「保健と医療の理解」、「英語コミュニケーション」から成ります。専門教育科目では、人々の生命・暮らし・健康を総合的に見つめ、集団および個人の健康ニーズに対応できる看護の実践力を習得することを基本的な目標に、「看護の基礎」、「発達段階に応じた看護方法」、「理論と実践の統合」、「看護の発展と探求」の4つの科目群で構成されています。

 臨地実習では、病院や老人保健福祉施設、保健所や市町村保健センター、訪問看護ステーションなどに出向きます。赤ちゃんから高齢者まで、健康な人、病気をもちつつ生活している人などさまざまな人が看護の対象であり、対象が最も望ましい状態へたどる過程を看護援助の実践を通して学んでいます。

 看護はすべての「人」が対象であり、大学の中だけにとどまらず、実習を通して関わる様々な人から戴く「温かい言葉」や「感動」が学生自身を成長させてくれます。

4年間の実習

 4年間を通して、対象となる方に接する上での基本的な姿勢や考え方、必要とされる看護技術を段階的に学び、看護職としての能力を身につけていきます。

 
教員公募
サイトマップ
アクセス
プライバシーポリシー
よくあるご質問
学部・研究科案内パンフレット
学部内専用情報
リンク一覧