静岡県立大学看護学部
大学ホームページへ
searchfontsizechengefontbtn_sbtn_m_offbtn_l_off
TOP » 受験生の皆様へ » 在学生からのメッセージ

『充実した学校生活』

看護学部 2年生 細江 亜也佳


 私は、看護師である母の姿に憧れ、看護学部を志望しました。看護師という仕事は、人の命を預かる仕事なのでやりがいがある分、責任もとても大きいと思います。大学ではこのような看護職に必要な知識や技術について深く学ぶことができます。講義・演習や実習に忙しい日々ですが、一緒に学び、励まし合える友達と出会い、熱心に講義をして下さる先生方にも恵まれ、充実した学生生活を送っています。
 大学での4年間はとても貴重なものだと思います。部活動やサークル活動にも積極的に参加し、いろいろなことに挑戦して充実した大学生活を過ごしてください。

『充実した成長の日々』

看護学部 3年生 平良 渚

 私は、看護師である母の背中を見て、人の役に立つ仕事に就きたいと思い、看護師を目指そうと決めました。授業では、様々な専門分野から看護の役割や機能を学びます。また、演習や実習を通して疾患を持つ対象に応じた個別性のある看護を考え、援助を実施することで学びを深めることができます。そして、授業や演習、実習を積み重ねていくことで“なぜ”という思いが強くなり、次への学習意欲へと繋がりま す。忙しい毎日ですが、同じ志を持つ仲間に支えられ充実した大学生活を送っています。

『人との出会いを大切に』

看護学部 4年生 鈴木 大地

 私が看護師を目指そうと考えたのは、人と深く関わり、向き合い、支えていくことのできる仕事であると感じたからです。現在もその気持ちは変わらず、これまでの臨床実習を通してより深く看護の必要性や魅力を感じることができました。実習は、忙しく大変なときもありますが、患者さんからの「ありがとう」という言葉や、笑顔が見られると、とてもうれしく私の励みになりました。臨床の看護師さんや患者さん、ともに学ぶ仲間から得ることはとても多く、まだまだ学ぶことはたくさんあります。これからも一つひとつの出会いを大切にし、自分の目指す看護師になれるよう励んでいきたいと思います。

『編入学で自分の可能性を広げる』

看護学部 4年生(編入生) 宮岡 唯

 私は専門学校卒業後、看護学部に編入しました。本学は総合大学のため、看護専門科目に限らず、より幅広く学ぶことができます。また、他学部も含めた先輩・後輩との関わりを通し、視野の広がりも感じられます。先生方は、とても熱心で疑問には丁寧に対応してくれ、学ぶ環境が十分整えられています。学生生活は楽しい半面、困難を感じる場面も出てきますが、仲間と互いに刺激し合いながら乗り越え、充実した日々を送る事が出来ています。
 看護は、学んだ数だけ活躍できる場が増えて行く仕事です。ここでの学びは私の人生の基礎となり、多くの可能性に挑戦していけると信じています。

教員公募
サイトマップ
アクセス
プライバシーポリシー
よくあるご質問
学部・研究科案内パンフレット
学部内専用情報
リンク一覧