静岡県立大学看護学部
大学ホームページへ
searchfontsizechengefontbtn_sbtn_m_offbtn_l_off
TOP » 受験生の皆様へ » 活躍する卒業生
 

看護を目指すあなたへの先輩からのメッセージ

 

『「予防」こそ保健師の仕事』

松山 志穂さん  焼津市役所 健康福祉部健康づくり推進課


 焼津市で保健師の実習を行い、地域には生活習慣病が重症化する一歩手前の住民が多くいることを知りました。健診結果を持って1件1件訪問する、とても地道なやり方ですが、その方のデータが改善した時の喜びは大きいです。生活習慣を指させるのは簡単ではないからこそ、ひとりずつ身体の中で起こっていることを伝えていく大切さとその醍醐味を感じています。予防の段階で関わることのできる医療職が保健師です。保健師に興味を持ってくれる方が多くなると嬉しいです。

 

『仲間と出会えた場所』

大髙 彩さん  日本医科大学武蔵小杉病院 B棟4階内科病棟


 私が勤務する病棟では、急性期の重症患者から慢性期の患者までの幅広い対象に看護を実践し、日々学んでいます。在学中、私は看護観や個別性について深く考え学んだという印象があります。卒業して約3年が経ちますが、看護学部のみんなとたくさん考えた“理想の看護”を今でも追求し、実践するために奮闘する毎日です。静岡県立大学は私にとってそんなかけがえのない仲間と出会えた場所です。

 

『看護学部を目指す皆さんへ』

野崎 美玖さん  静岡県立総合病院 5G病棟


 私は脳神経外科・神経内科に勤務して2年目になります。初めての実習で担当した患者さんとの関わりや、病棟全体の印象が良く、今の病棟を希望しました。重症度が高く、看護介入の必要な患者さんが多いですが、患者ケアや指導を行い、回復していく経過を看ることでやりがいを感じています。看護師のしごとは落込む日もありますが、そんな時に患者さんやご家族に接することで勇気をもらえ、成長を実感できる職業だと思います。

 

『多くの人達との関わりをとおして、日々成長』

澤田 幹太さん  静岡県立静岡がんセンター 5階東病棟


 私は患者を一番近くで支えられることに魅力とやりがいを感じ、数ある医療職の中から看護の道を選びました。現在、呼吸器系病棟で「患者さんの視点を重視する」を意識し、様々な治療を受ける方々の看護にたずさわっています。まだ十分でないこともありますが、周囲の人たちとの関わりをとおして、日々成長を感じています。大学生になると自分の世界が大きく広がります。新たな人との出会いを大切にし、深く豊かな人間性を身に付けていってください。

教員公募
サイトマップ
アクセス
プライバシーポリシー
よくあるご質問
学部・研究科案内パンフレット
学部内専用情報
リンク一覧